LDLコレステロールを下げるのにヤクルトやヨーグルトは効果がある?

LDLコレステロールを下げるのにヤクルトは効果がある?

毎日の食事にヤクルトを追加するのもLDLコレステロールを下げるのに効果的です。

 

LDLコレステロールとは悪玉コレステロールのことですが、そもそもコレステロールは細胞膜を構成したり、ホルモンや胆汁酸を作るために必要な成分です。

 

しかし、現代の食生活などによって悪玉コレステロールが増えてしまうと、本来スムーズに全身へ運び込まれるはずのコレステロールが滞ってしまい、動脈硬化や心筋梗塞など致命的な病気を引き起こすリスクが高まってしまいます。

 

このリスクを負わないためにも値を下げる必要があるのですが、ここで役に立つのがヤクルトに含まれる乳酸菌です。

 

乳酸菌は悪玉コレステロール値を下げる働きがあります。それは胆汁酸を便とともに体外へ排出するという役割があり、そのときに減少した胆汁酸を補うためコレステロールが使われますので、必然的に体内のLDL値も下げることになるのです。

 

また腸内環境が整っていると中性脂肪も溜まりにくいことがわかっていますので、コレステロールの上昇を防ぐ良い影響になります。

 

そんな乳酸菌を手軽に摂取できるので、ヤクルトが効果的だということですね。

 

 

LDLコレステロールを下げるのにヨーグルトは効果がある?

ヨーグルトはLDLコレステロールを下げる効果が期待できます。牛乳などの乳製品は、飽和脂肪酸を多く含み中性脂肪を高めてしまいますが、同じ乳製品のヨーグルトは何故問題ないのでしょうか。

 

実は、ヨーグルトは乳酸菌を発酵して作られる発酵食品なのです。

 

乳酸菌には、コレステロールにくっついてお通じをよくする働きがあります。従って、ヨーグルトを摂取することによって悪玉コレステロールを下げる効果が期待できるのです。

 

もちろん、ヨーグルトを食べてさえおけばそれで悪玉コレステロールを下げることが期待できるというわけではありません。

 

通常の食事で、LDLコレステロールを多く含む動物性の油を摂る頻度をなるべく下げるということが大切です。

 

例えば、肉類ですとか、ラーメン、ラード、マーガリンなどには多く含まれていることで知られています。

 

困ったことにおいしそうな食べ物ばかりですが、これらの食べる回数を制限することでより効果的に減少させることができます。