LDLコレステロールを下げるレシピのバリエーションにはどんなものがある?下げる飲み物の特徴とは?

LDLコレステロールを下げるレシピのバリエーションにはどんなものがある?

LDLコレステロールを下げるレシピならメインには青魚か牛肉を使いましょう。

 

サバなどの青魚にはDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれています。

 

DHAとEPAはLDLや中性脂肪を下げる働きがあります。サバメインのレシピといえば味噌煮が効果的です。

 

発酵食品の味噌には腸内環境を整え、LDLの上昇を抑える働きがあります。また納豆に含まれている血液サラサラ成分も中性脂肪を下げ、LDLを下げる効果が期待されます。

 

牛肉にはカルニチンが多く含まれており脂肪燃焼に効果的です。牛肉メインのレシピにするなら柳川風にしてみましょう。

 

柳川風といえばゴボウですが、ゴボウに含まれる食物繊維はコレステロールの上昇を抑える働きがあります。付け合わせには豆腐サラダがお勧めです。

 

大豆の加工品である豆腐には食物性の良質なたんぱく質が含まれており、大豆にはコレステロールを下げる作用があります。

 

野菜に含まれる食物繊維も同時に取ることができるのでLDLを下げるのに効果的なメニューです。

 

このように、様々なレシピのバリエーションがあるので、飽きずにメニューを取り入れることができますね。

 

LDLコレステロールを下げる飲み物の特徴とは?

LDLコレステロール値を下げるには、食生活の改善や運動をすることがもっとも重要と考えられ、気軽に摂取できる飲み物の中にも、効果的なものがたくさんあります。

 

LDLを下げる飲み物には、お茶やココア、赤ワインなどがあります。お茶に含まれているカテキンは、LDLを下げるのに効果的であると考えられています。

 

ポリフェノールが豊富に含まれているのが特徴のココアや赤ワインにも下げる効果が期待できます。

 

ただ、飲み過ぎて糖分やアルコールを摂取しすぎると増加の十分な原因となってしまいますから、適量を摂取することが大切です。

 

これらの飲み物を効果的に摂取することで、悪玉コレステロールの増加を抑制することができますが、飲むだけでは健康を維持できるわけではありません。

 

食生活や生活習慣を見直し、適度に運動を行うことが大切です。

 

そのためには野菜を食事の中に取り入れることが重要です。野菜に含まれる食物繊維はLDLを吸着してくれます。

 

これによって腸から吸収されず便に排出される確率が高まり、体の中から運び出される効率も高まり、血中コレステロールが下がりやすくなるんですね。

 

食事に含まれる悪玉コレステロールの吸収も下げることができます。