LDLコレステロールを下げる方法にはどんな種類があって、どんな運動がおすすめ?

LDLコレステロールを下げる方法にはどんな種類がある?

LDLコレステロールを下げる方法を知るためには、まず、高くなる原因について知っていることが大切です。

 

LDL値が高くなる原因は中性脂肪の増加によることがわかっています。中性脂肪を増やすことで、基準値以上に増えすぎてしまったLDLは、血中に留まり、あらゆる病気の原因となってしまいます。

 

中性脂肪が原因で増えるLDLは、超悪玉コレステロール(レムナント)と呼ばれています。中性脂肪が増え過ぎると、この超悪玉コレステロールやLDLが溜まり、動脈硬化を形成してしまうのです。

 

さらにこの状態が持続すると、血管がぼろぼろになり、心疾患や脳疾患の原因となってしまいます。

 

中性脂肪を抑えLDLを下げる方法の種類には、食事や運動、サプリメントの活用の3つがあげられます。

 

食生活の改善は、LDLを下げるためには不可欠でコレステロールを下げる食品を取り入れることが大切です。

 

また毎日一定時間以上の運動も効果的な方法です。

 

中でも有酸素運動が効果的で、有酸素運動を行って脂肪を燃焼することで、悪玉コレステロールを減少させ、基礎代謝もあげることができるので、脂肪が燃焼しやすくなります。

 

またサプリメントを活用することで、より効果的に下げることができます。

 

LDL値が高い人は、これらの方法を試してみると良いですね。

 

 

LDLコレステロールを下げるにはどんな運動がおすすめ?

LDLコレステロール値を下げるには、有酸素運動がおすすめで効果的です。

 

有酸素運動は脂肪をエネルギー源とするため、体脂肪を燃焼し、HDLコレステロールを増やす働きがあります。

 

有酸素運動とは、水泳やウォーキング、ジョギングなどで、負荷はそれほど大きくなくても、30分以上続けることが大切です。

 

有酸素運動を行うことで中性脂肪が減り、HDLコレステロールが増加するため、次第にLDLコレステロールが減少していきます。そのため、毎日続けることが大切です。

 

LDL値を下げるには、運動以外にも食事も大事なポイントとなります。

 

肉類や脂っこい食事を過剰に摂取していると、中性脂肪の増加(肥満)の原因ともなり、LDLが増加してしまいます。また血液もどろどろになり、血管を狭くしたり詰まりの原因になることもあります。

 

血管が詰まり動脈硬化症が進行してしまうと、命に関わるような危険もあるので、LDL値を下げることが大切です。